読書のすすめ
Home > 教室について > 読書のすすめ

語彙を増やし、良い文章に慣れるには読書が一番

この教室では、まず書く前段階を大切にします。書くときに使える言葉はたくさんあった方がいい。つまり、語彙力を増やすために最善の方法は読書です。本好きな子は自然に多くの言葉を知り、使えるようになっています。本嫌いな子には「習慣づけ」が必要です。強制ではなく、他の子が読んで面白かったという話を聞いて、少しでも読みたくなる機会を作る、面白くなるまで我慢して読んでみるという体験をさせる、その程度のことで意外と本が読めるようになります。
親子ではケンカになってしまうことがあるでしょうから、教室で、他の子の刺激を受けつつ読書の習慣を着けていきます。
お問い合わせ