文章力、記述力はなぜ必要?
Home > 教室について > 文章力、記述力はなぜ必要?

自分の思いを的確に伝えられると便利です

2020年の大学入試改革で、これまでのセンター試験がマークシート方式だったのに対し、記述式の問題が出題されるようになることは、もう周知のことでしょう。数年前より大学全入時代と言われ、受験生の数が減る一方なので、大学側は以前のように大量の解答用紙をミスなく早急に処理する必要がなくなってきています。優秀な学生を入学させるために、じっくりと時間をかけてその能力を判断して合否を決めることが可能になっているのです。そこで、自己推薦文を書かせたり、面接で自分自身のプレゼンテーションをさせたり、入試科目を小論文にして考え方や思考力を問うたりするようになりました。
また大学での勉強にしても、今大学2年生の娘に話を聞くと、毎週のように3000字や5000字のレポート課題が出されるそうで、高校までの教科の勉強だけでは太刀打ちできないということです。記述力や文章力がある前提での学習になっているというわけです。
さらに、社会で働く上で最も必要なコミュニケーション力は、自分の意見を明確に表現できることが基本です。機械的なことはすべてコンピュータが処理する時代になってきて、人間の役割は自由に表現し、考えや思いをお互いに伝え合うことです。それができることが、人間関係を円滑にし、楽しい人生につながるのだと思います。
お問い合わせ